• isokari3

ワクチン後のフィットネス業界


新型コロナで約60万名が犠牲となったアメリカ!

各地でロックダウンが行われ、フィットネス施設も休業に追いやられました。

そのアメリカの今は?

2020 Nonprofit Wellness Industry Reportの著者によると、「ワクチンがより広く流通するようになると、フィットネス業界はこれまでで最もパワフルな年になるでしょう。新年に入って 3 か月ちょっとで、フィットネス施設では、すべての主要業績評価指標のカテゴリですでに大きな改善が見られます。」

実際に2021年3月末時点で売り上げは80%まで回復したようです。


日本でも現在ワクチン接種が進んでいますが、2回目が終わり抗体を得た7月末くらいには中高年が一斉にフィットネス業界に復帰すると考えられます。

プールを持つ総合クラブは高齢者の体力低下を改善する企画を、今から練っておく必要があるでしょう。


https://www.clubindustry.com/vendors/health-club-performance-getting-closer-to-2019-numbers-per-report


閲覧数:115回0件のコメント

最新記事

すべて表示

クラブの商圏が確実に小さくなっている。 以前は郊外ロードサイドの総合クラブであれば商圏は5km。車商圏では15分と考えていました。 最近では広域からの集客は薄まり、商圏は3km程度まで縮小している傾向が見られます。 やはりクラブ選びには通いやすさが重要であり、次々増える24時間ジムなどが影響しているのは明らかです。 商圏が小さくなるということは、以前のような会員数を獲得することは難しく、これからは

前号では24時間ジムとパーソナルジムのコラボレーションについて書きました。コラボレーションすることでお互いの弱点をカバーして、急速に淘汰が進む現状でも生き残る希望を提案しました。 今号では新規でクラブをオープンする場合の必勝コラブレーションを考えていきます。これまでの過去の記事まとめでもあります。 後出しジャンケンは有利 プール・温浴を備えない小型クラブ出店数は衰えを見せません。特に24時間営業の