• isokari3

成功する24時間ジムのマシン選び

更新日:2020年9月18日

フィットネスジム開業コンサルタント歴23年の五十苅(いそかり)です。

24時間ジムでは、グローバルな有名マシンメーカーを採用しているクラブもあれば、名前も知らないメーカーのマシンを採用しているクラブもあります。

名前も知らないメーカーは、察しの通り中国ブランドで、どこかで見たことあるパクリ製品が多いです。

取り扱っている国内販売代理店も規模・人員的にも購入後のアフターが心配な会社が多いですね。社長一人の会社など!

低価格でクラブをオープンさせたいのは経営者皆さん同じ考えですが、マシンクオリティはオープン後の集客にも大きく関わってきますので慎重に選ぶことです。


<ケース1>

中国製格安無名メーカーとグローバルメーカーを相見積もりで検討。

ウエイト系は格安無名メーカーのが安かった

モーターなど電子部品を使うカーディオ系はグローバルメーカーのが安かった!

結局トータル金額に差はなく、保証内容とネームバリューからグローバルメーカーを選択!

※グローバルメーカーのウエイトマシンは無名格安メーカー同レベルをチョイスしてます。


一見定価が高く手が出ないと思えるグローバルメーカーでも、実際の購入金額がリーズナブルであれば良いはずです。

FCの場合、購入金額は定価となり相当な金額になります。

当社の場合は、どれだけリーズナブルに購入していただくか?

それがコンサルとしての腕と考えています。


中国製格安無名メーカーにちょい足しで世界基準のジムがオープンできます。

安易に選択する前にぜひご相談を!

24時間ジムプロデュースなら!

コンサルタント歴23年80件を超える実績

株式会社五十苅知博事務所(いそかり)へ

只今、ZOOM無料相談も受付中です。

ご依頼はメールにて受付中!

https://www.isokari.me/


#24時間ジム #24時間ジムコンサル #24時間ジム開業サポート #24時間ジム今後 #24時間ジム独立開業 #24時間ジム経営再建

閲覧数:71回0件のコメント

最新記事

すべて表示

クラブの商圏が確実に小さくなっている。 以前は郊外ロードサイドの総合クラブであれば商圏は5km。車商圏では15分と考えていました。 最近では広域からの集客は薄まり、商圏は3km程度まで縮小している傾向が見られます。 やはりクラブ選びには通いやすさが重要であり、次々増える24時間ジムなどが影響しているのは明らかです。 商圏が小さくなるということは、以前のような会員数を獲得することは難しく、これからは

前号では24時間ジムとパーソナルジムのコラボレーションについて書きました。コラボレーションすることでお互いの弱点をカバーして、急速に淘汰が進む現状でも生き残る希望を提案しました。 今号では新規でクラブをオープンする場合の必勝コラブレーションを考えていきます。これまでの過去の記事まとめでもあります。 後出しジャンケンは有利 プール・温浴を備えない小型クラブ出店数は衰えを見せません。特に24時間営業の