新型コロナウイルス|新規24時間フィットネスジム 開業を悩まれている企業様へのメッセージ。

新規24時間フィットネスジム 開業を検討されている企業様へのメッセージ。

+++++++++++++++++++++++++++

未だ勢いが衰えない新型コロナウイルス感染症。

24時間ジムの開業を検討していたけれど、、、、と悩まれている企業様も多いはず。

Q フィットネスクラブの経営が危機!

A この1ヶ月こんな記事を多く目にしたと思います。

確かに海外旅行で感染した方がフィットネスクラブを利用して話題となりましたが、各クラブ対策を徹底したことで、現在スタジオ(定員50%運用)などの一部エリアを除き通常営業しています。

Q 退会は増えたの?

A 今回の騒動で、学校が休校となり主婦の方達がクラブに来られない状況に陥りました。多くのクラブでは特別休会処置を行い、子供さんのお世話で来られない会員、利用に不安を持っている会員に向け対応を行いました。

クラブによって違いはありますが、当社では会員の10−15%程度が休会をされていると見ています。

目に見えて退会が増えているという感じはありません。

退会が増えたクラブは元々の低利用者フォローを怠っていたクラブでしょう。

Q 入会に影響は?

A 通常春の入会キャンペーンは、2月下旬からGW前くらいまで行います。完全にコロナで勢いが削がれています。

入会は減り、環境が変わる春は元々退会数が多い・・・

結果、会員数はどんどん減っていきます。

経営が苦しいクラブが続出するでしょう。

Q 不景気になるのは確実と言われているけど大丈夫?

A 定額で毎日でも楽しめるフィツトネス業界は不景気にとても強い!

Q これから24時間フィットジムをオープンするなら?

A まず時期の問題ですが、Jリーグ、プロ野球などが開幕されるであろう5月には勢いが戻ってくると思われます。

ただし、現在トイレの便器が確保できない、、、など建築でも影響があり、工事期間も余裕を持った方が良さそうです。また、トレーニングマシンも通常3ヶ月程度で納品されますが、ブランドにより入荷時期が大きく遅れる可能性もあります。現状でもヨーロッパメーカーなど、納品日が1ヶ月遅れました。

なので、今から企画すると募集開始は6月ごろ、オープンは8月、9月となります。

既存のクラブはコロナショックで厳しい環境にありますが、万全の態勢でオープンできるメリットは計り知れません。

Q コロナ終息が長引いたときの新規24時間フィットネスジム への影響は?

A 海外旅行で感染している方が最近の主流です。

なので、日本で収まっても予断は許しませんよね。

オリンピックも強行開催にでもなれば、世界から押し寄せる観光客からウイルスが拡散される可能性もあります。

そんな不安は0ではありませんが、数あるフィットネス施設の中でも24時間フィットネスジム は極めて安全な部類になります。

①次亜塩素酸超音波噴霧器で、空間を丸ごと除菌しています。総合クラブと比べ規模が小さいので安全性は高いです。

②トレーニングマシンごとに除菌シートが設置しています。なので、触る場所を除菌することができます。

スーパーなどでも買い物カゴ、カート、陳列してある商品、それぞれ触れるたびに除菌していますか?

よほどジムのが安全です。

③24時間営業なので、混雑時間を避けることができる。有人スタジオレッスンもないので、人が集中・密集することがない。

④シャワー・更衣室も個室なので安全性が高い。

⑤マスク・手袋着用でも差し支えなく運動できる。


まだ不安な方は是非お問い合わせください!

https://www.isokari.me/

103回の閲覧

フィットネスクラブ、スポーツクラブ、24時間ジムプロデュースはコンサルティング歴22年の五十苅知博事務所(いそかり)へ。既存店舗のリニューアル、経営改善、社員研修、セミナーもお任せください。顧問クラブも募集中!

フィットネスクラブ経営コンサルティングsince1997

  • Blogger - Grey Circle
  • Facebook - Grey Circle

24時間ジム・マイクロジム・リフォーマーピラティススタジオ・BFR加圧ジム&スタジオ・ホットヨガ スタジオ・総合フィットネスクラブ

悩んでも解決はしません!

五十苅知博フィットネスクラブ経営コンサルティング事務所

横浜市中区山手町254-5-104

​代表電話  045-567-3979

直通電話 080-3881-3844

​Email isokari@me.com

電車:元町・中華街駅 元町口徒歩3分 

お車:港の見える丘公園P〜徒歩1分