top of page
  • 執筆者の写真isokari3

2,980円小型格安24時間ジムを考える





この半年で店舗数を急激に増やしている格安小型24時間ジム。フィットネス業界では見かけなくなった、B3サイズの大判チラシが当社にも頻繁に投函されています。1店舗平均490名程度、男女比率も女性優位など様々な噂情報が流れています。今後は24時間ジムが一気に増えたように、格安小型24時間ジムもコピークラブが大量発生すると思われます。今号では格安小型24時間ジムの将来性と対抗策を考えていきたいと思います。


既存24時間ジムは大打撃

既存24時間ジムは80%が男性、しかも40歳未満が大多数。入会する若者の多くがYouTubeなどでトレーニング情報を得てボディメイクを目指す方が多い。なので、近年ではフリーウエイトの充実度が良いクラブの条件とされます。初期型では70坪程度だったクラブ規模も、フリーウエイトエリアを充実させるために拡大を続け、最近では150坪程度のクラブが主流になりつつあります。

ここでポイントとなるのは、フリーウエイトエリア以外の施設は初期型と変わっていないか、逆にフリーウエイトエリアに侵食され、初期型よりも劣っている場合があるということです。

格安小型24時間ジムは、初期型24時間ジム70坪程度から、パワーラックやスミスマシンなどのフリーウエイトゾーンを省き、更衣室とトイレを各1箇所にすることで、35-40坪までスリム化したモデルとなります。一般の方には既存の24時間ジムに通っても使わないエリアが無いだけですし、威圧感を漂わせる会員もいないことで快適にトレーニングができるわけです。それで会費が既存24時間ジムの半額以下なのですから、ニーズは確実にあるでしょう。

既存24時間ジムは増え続ける競合の影響で会員数維持も厳しい中、初心者を格安小型24時間ジムに奪われることとなり、より厳しい戦いを今後は強いられることになるでしょう。


格安小型24時間ジムをプランニングしてみる

新規のお客様からの要望もあり、当社でプロデュースをしたらどうなるかをシュミレーションしました。

トレーニングマシンはアフターも万全な信頼のあるノーチラスマシンをセレクト。


このほかに、ランニングマシン、クロストレーナー、リカンベントバイクを各2台、14kgまでのダンベルとベンチ台、腹筋台、背筋台を合わせて目標税別1,000万円。

トレーニングアプリは、SONY Advagymを採用。これに入退館システム、警備システム、会員管理システム、初期販促費も加えると、税別1,800万円となります。これに物件取得費や改装費が加わってきますが、総額で税別3,000万円程度。

女性客の獲得のために導入されているセルフエステは、飽きられ使われなくなる運命だと判断し導入をせず、課金で利用できるパーソナルジムスペースを設ける。

施設だけであればこのようなプランニングになると思います。

問題は集客した会員を定着させる仕組みです。我々が長年試行錯誤をし、定着策を考え実行してきましたが、初心者のモチベーションを保ち、利用頻度を維持させるのはとても難しい。いくらIT時代だと言っても、スマホアプリで定着ができるわけもなく、結局は無人ビジネスなので追加策は無く、早い段階で経営が行き詰まると予測できます。

例えばカーブスで、指導サービスを無くして会費を半分に下げたとしてヒットするのでしょうか?公共施設は素晴らしい施設を数百円で利用できますが閑古鳥が鳴いているのはなぜでしょう?理由は明確です。その点をクリアしなければ安易に新規参入しても成功はあり得ません。


格安小型24時間ジムはパーソナルトレーナーのセカンドステップに最適

格安小型24時間ジムは、投資金額的にもパーソナルジム経営のセカンドステップに最適です。パーソナルジムの欠点は、会員獲得単価が高いこと。でも卒業と同時に縁が切れてしまうこと。このビジネスモデルなら、格安料金で数多くの会員を抱え、そこからセールスをすることでパーソナルへつなげる流れができます。パーソナルで使用しない時間帯はブースを時間貸しすることで追加収入を得ることもできます。まさにトレーナーが独立開業するのに丁度いいモデルです。大型24時間ジム開業は資金的に無理と諦めていたトレーナーにとっては、夢が広がると思います。沢山ある24時間ジムに対しては低価格で女性や中高年を獲得し、無人格安クラブが出店してきた場合でも、パーソナルトレーナーがいることで出来る対抗策が沢山ありますので戦えます。これ以外では先行している多店舗チェーン店に優位性は見出せません。

※パーソナルジムを追加すると税別90万程度が追加となります。


格安小型24時間対抗策

しかし、今後はフランチャイズ型、個人独立型など格安小型24時間ジムも出店が激しくなるでしょう。既存24時間ジムや総合クラブは対抗策を今から準備して置く必要があります。

<24時間ジム>

エリア分け課金を検討しておきましょう。

低価格で利用できるエリア。追加オプション料金が必要なエリアと作るのです。

基本会費

フィットネスエリアが利用可能(カーディオ・マシン・ファンクショナル・ストレッチ・バーチャルレッスン)

追加オプションエリア

・アスリートエリア(フリーウエイト・プレートローデット)

・女性専用エリア(マシン・フリーウエイト)

・マシンピラティススタジオ

都度課金

・スタッフレッスン

・パーソナルトレーニング

追加オプションエリアはドアをつけ認証で入場可能とすることで管理は簡単です。

流石にフルサイズの24時間ジムになると、マシンも高性能になりますので2,980円での提供は厳しいかもしれませんが、納得のベース価格は提供できるはずです。

<総合クラブ>

総合クラブでも最近ではスタート会員などの名称で、初期数ヶ月間限定で低価格提供しています。これは戦略的に24時間ジムへの対抗であり、通ってもらえれば施設の充実度、各種サービスで正規会費分の価値があることを伝える戦略です。しかし、結局価格は正規会費に上がり、退会を選ぶ会員も多いことでしょう。

ここで一歩踏み込んで対抗策を考えていきます。例えばスタジオが2箇所ある場合、Aスタジオはフィットネススタジオとして会費内利用。プログラムは全て初心者対応。Bスタジオはプレミアムスタジオとして、都度課金&プレミアムスタジオオプション購入者が受講できるプログラムを行う。このようにすれば低価格の会費提供ができ、常連に対しては会費価格を維持することができます。スタジオ以外のエリアも同様です。

このように総合クラブも、利用しないエリアやサービスを削り、会費を組めるようになることが理想です。必ず近いうちに対応しなければならない時期が来ますので、今からシュミレーションしておくと良いでしょう。


まとめ

コロナの影響で人とのコミュニケーションが減り、ジムなどではBGM以外はプレート音しかしない。そんな環境が良いわけがありません。2023年も様々な業態が出てくるでしょうが、適度な人との関わりは会員継続には不可欠と思います。本当の成功とはオープン数ヶ月の数字ではなく、数年後にわかります。市場を食い潰さず循環させられるクラブが勝者です。

閲覧数:288回0件のコメント
bottom of page