• isokari3

<24時間ジム>カラオケ・パチンコ店のフィットネスジム業態転換

更新日:2020年12月15日

カラオケ業界が「もう限界」 閉店500店超す!

倒産相次ぐパチンコ店、「営業をやめさせろ」はもう言わせない努力続く!


9月の連休では観光地に人が溢れ活気が戻ってきた!

けれど、いまだに名指しされ、TVで騒がれた産業は先が見えずに苦しんでいます。

そんな状況なので、最近ではカラオケ店、パチンコ店からの問い合わせが非常に多くなっています。

今までであれば、本業の柱がドンとあり、いくつかある枝としての位置付けでしたが、

今では不採算店舗の業態転換で、本気の取り組みとなってきています。

これはフィットネス業界にとっては驚異です。

カラオケチェーンやパチンコチェーンの新規事業でクラブをオープンさせた経験は多いですが、スタッフ教育のレベルの高さ、それに呼応するかのように現場スタッフの意識の高さは目を見張ります。

今後は、鍛え込まれた本隊がフィットネスビジネスに参入してくるのです。


狙うポジションは大型24時間フィットネスクラブで、今までよりも低価格で、ちゃんと接客サービスを行うモデルとなります。

FCで価格戦略が取りづらい、サービス提供がない格安クラブ、資金力が乏しい独立組にとっては非常に驚異となりそうです。



24時間ジムプロデュースなら!

コンサルタント歴23年80件を超える実績

株式会社五十苅知博事務所(いそかり)へ

只今、ZOOM無料相談も受付中です。

ご依頼はメールにて受付中!

https://www.isokari.me/

#24時間ジム #24時間ジムコンサル #24時間ジム開業サポート #24時間ジム今後 #24時間ジム独立開業 #24時間ジム経営再建






閲覧数:225回0件のコメント

最新記事

すべて表示

クラブの商圏が確実に小さくなっている。 以前は郊外ロードサイドの総合クラブであれば商圏は5km。車商圏では15分と考えていました。 最近では広域からの集客は薄まり、商圏は3km程度まで縮小している傾向が見られます。 やはりクラブ選びには通いやすさが重要であり、次々増える24時間ジムなどが影響しているのは明らかです。 商圏が小さくなるということは、以前のような会員数を獲得することは難しく、これからは

前号では24時間ジムとパーソナルジムのコラボレーションについて書きました。コラボレーションすることでお互いの弱点をカバーして、急速に淘汰が進む現状でも生き残る希望を提案しました。 今号では新規でクラブをオープンする場合の必勝コラブレーションを考えていきます。これまでの過去の記事まとめでもあります。 後出しジャンケンは有利 プール・温浴を備えない小型クラブ出店数は衰えを見せません。特に24時間営業の