• isokari3

<24時間ジム>スタジオ活用法

フィットネスジム開業コンサルタント歴23年の五十苅(いそかり)です。

今回は24時間ジム内のスタジオ運用について考えていきたいと思います。

24時間ジムも増え、今後は選ばれるクラブであり続けることが成功の鍵になります。

そのためには、運動アイテムのバリエーションが多いほど幅広い層にアプローチできます。

なので最近の24時間ジムはマシンジムエリア、フリーウェイトエリアの充実は基本とし、第三のエリアは何を選択し、どう運用すれば良いのか?頭を悩ませているはずです。

競合の24時間ジム動向以外にも、各種スタジオ、カルチャーセンター、総合クラブまで状況を把握し考えていかなければ失敗に終わりますので、慎重に考えていかなければならないですよね。

<五十苅がお勧めする追加エリア>

①ファンクショナルスタジオ

2020/9/11のコラム ファンクショナルトレーニングエリアの重要性 をお読みください!


②スタジオ

最近の24時間ジムはヴァーチャルスタジオを導入するクラブが出てきました。

集客が男性に偏りがちな24時間ジムにとって、女性の取り込みに有効なエリアとなります。


③高付加価値の追加専門スタジオ

後日紹介していきます。


今回掘り下げるのは②のスタジオについてです。


<今後の主流バーチャルスタジオ>

総合クラブでは社員が習得し会員に指導する、プレコリオレッスンと呼ばれるカテゴリとなりますが、そのライブ映像を壁一面の大型スクリーンに投影しレッスンを受講していただく仕組みです。バーチャルですから人件費は一切かかりません。

24時間稼働していますので、感染症が怖くてレッスンを避けていた方でも、空いている時間を狙って楽しむことが可能です。

コストは初期130万程度、ランニング月10万前後(プログラム数による)で、競合との差別化ができて、女性の集客アップにつながるバーチャルスタジオは今後導入が進むと考えられます。

ここまではメリットを説明しましたが、実際の運用について考えていきましょう。


バーチャルレッスンVSリアルレッスン 人気なのは?

リアルレッスンが圧勝です。どんなにクオリティが高いバーチャルレッスンでも、残念ながら勝負にはなりません。

現在、総合クラブは新型コロナ対策として、レッスンを間引きし定員を減らすなどの対策を行っています。受講したくても参加できない。そもそも総合クラブのスタジオは怖いから行けない。そんなレッスン難民に対しては魅力的なバーチャルレッスンですが、新型コロナの恐怖も過ぎ去り、総合クラブが本格始動を始めるとバーチャルレッスンへの興味は急速に失われると思います。当然会員も総合クラブへ戻っていきます。


これはスタジオプログラムに慣れ親しんでいる方を想定しましたが、初心者に関してはどうなのでしょう?

初心者にとって、総合クラブのスタジオは入場して気軽に楽しめる・・・そんな環境ではなく、いわば常連の巣窟となっています。自分に自信のない初心者には参加のハードルは結構高いです。

そんな初心者でも24時間ジムのバーチャレレッスンなら、照明も暗いですし、なにより正面は映像なので、鏡を通して他人に自分の動きや表情が見られることはありません。なので下手でも自分のペースで楽しむことができます。

でも、プログラムの楽しみ方を覚えたならリアルレッスンが受講できる総合クラブへと移っていきます。


んー困りましたね!競合の24時間ジムとは差別化になっても、敵はまだいるということです。


バーチャルスタジオ&リアルスタジオのハイブリット運用が今後の鍵

そもそもなんですが、24時間ジムでバーチャルスタジオとして映像流しておけば利用されると思います?総合クラブからの難民さんは別とし、初心者さんの場合放置しておいたら利用されませんよ!

ここ結構盲点w

五十苅プロデュースクラブの場合、スタッフと一緒に楽しみ方を教える『はじめてバーチャルレッスン』などのプログラムを多数実施します。

イントラの体力作りにもなるので一石二鳥です。

このように、誘導し楽しみ方を教えてあげないと利用していただけないのです。

半年もすると、スタッフもプログラムに慣れて体力もついてきますので、インストラクター資格取得を促します。合格すればリアルレッスンを行うことができます。このように徐々にハイブリッドスタジオへと進化させていくのです。


フリーインストラクターを確保する!

総合スポーツクラブではフリーと呼ばれるレッスン職人のプロがいます。

社員スタッフがプログラムを覚えて教えるプレコリオとは違い、オンリーワンのレッスンです。通常1レッスン5,000円前後で契約しているケースがほとんどです。

しかし、経営が苦しい総合スポーツクラブはフリーインストラクターのフィーをカットしたくて仕方ありません。

今、フリーの先生方は岐路に立たされているんです。

このような先生を24時間ジムのスタジオに向かい入れるにはどうすれば良いのか?

どのような契約で、どのように運用すればお互いウィンウィンになれるのか?

総合クラブも敵わない完璧な仕掛けは?


ここまでのビジョンを固めてクラブを企画しなければ地域で圧倒的に支持される1番店にはなれませんよ!

答えは是非直接ZOOM相談会で五十苅の口からお聞きください!





24時間ジムプロデュースなら!

コンサルタント歴23年80件を超える実績

株式会社五十苅知博事務所(いそかり)へ

只今、ZOOM無料相談も受付中です。

ご依頼はメールにて受付中!

https://www.isokari.me/


#24時間ジム #24時間ジムコンサル #24時間ジム開業サポート #24時間ジム今後 #24時間ジム独立開業 #24時間ジム経営再建

207回の閲覧0件のコメント