• isokari3

24時間ジム フランチャイズ加盟と独自出店の差

フランチャイズに加盟する意味をよく考えてみましょう。

コンビニチェーンであれば、全国CMが各媒体で展開され、商品も毎日トラックで届けられる。分かりやすいメリットがありますよね。

24時間ジムの場合、CMがあるわけでなく、各店のHPは1ページで写真数点、マシンも導入すれば5年は入れ替えがない。。。。。加盟のメリットありますか?

逆に加盟のデメリットは、

①マシンをほぼ定価で購入しなければならない。

②デザイン・仕様が決まっていて建築費が下げにくい。

③料金・システムも統一なので競合対策が取りにくい。都内も地方も同じ料金など家賃差を考えれば無理に決まっている!なのでフランチャイズ店は最近地方出店が多いですよね。

仮に200坪フルサイズ24時間ジムを作る場合、マシンを詰め込むと定価ベースで約6000万必要だとしましょう。フランチャイズの説明資料などでは設定2500万とかですが、それではスカスカで話にならないレベルです。実際はカーディオ系だけでもその金額を超えそうです。当社などでは有名ブランドマシンがフランチャイズの約半額程度で購入可能です。建築費もスケルトン~坪25万程度、床壁天井空調照明があれば坪15万程度です。建築費でも仕様によりますが、1000万程度差が出る場合があります。

マシン+建築費を合わせれば相当の金額の差が出るわけです。仮にフルサイズ24時間ジムで4000万の差が出たとしましょう。リース月額2%で計算しても月80万!それだけの金額があれば、良い人材を適正数雇用して、指導サービス面を強化することができるはずです。


A店 指導サービス提供なし 

B店 指導サービスあり。スタジオプログラムあり。パーソナル指導あり。

こんなに差が出るのです。どちらが魅力的なクラブでしょう?


当社ではスタッフ育成も充実しています。

当社代表五十苅(イソカリ)は

NPTA日本パーソナルトレーナーズアカデミー理事長

ライトピラティスアカデミー副理事長

BFRトレーナーズ協会理事

を務めております。国内一流講師をクラブに派遣し、講習と資格発行を行っていきます。

上記資格に加え、公益財団法人日本健康スポーツ連盟の生涯スポーツトレーナーアドバンス資格まで取得可能です。

集客アップのための定期的なブラッシュアップ研修も開催できますので、他の24時間ジムとは圧倒的な差がでます。


いかがでしょう?独自開発のメリットを知っていただけましたか?

最後にアメリカの大手チェーン店のCMを紹介。

分かりますか?日本と全く違いますよ!

競争を生き抜いたビジネスモデルがこれなのです。


閲覧数:157回0件のコメント

最新記事

すべて表示

クラブの商圏が確実に小さくなっている。 以前は郊外ロードサイドの総合クラブであれば商圏は5km。車商圏では15分と考えていました。 最近では広域からの集客は薄まり、商圏は3km程度まで縮小している傾向が見られます。 やはりクラブ選びには通いやすさが重要であり、次々増える24時間ジムなどが影響しているのは明らかです。 商圏が小さくなるということは、以前のような会員数を獲得することは難しく、これからは

前号では24時間ジムとパーソナルジムのコラボレーションについて書きました。コラボレーションすることでお互いの弱点をカバーして、急速に淘汰が進む現状でも生き残る希望を提案しました。 今号では新規でクラブをオープンする場合の必勝コラブレーションを考えていきます。これまでの過去の記事まとめでもあります。 後出しジャンケンは有利 プール・温浴を備えない小型クラブ出店数は衰えを見せません。特に24時間営業の